フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

「研究者になります」男子フィギュア・町田樹選手が現役引退へ



   

 

 

■フィギュアスケート男子の町田樹選手が現役引退を表明

町田樹くん現役引退か...
まだ若いし出来そうな気がするけど残念だなぁ

フィギュアスケート男子のソチ冬季五輪代表、町田樹(関大)が現役引退を表明

「私事ではありますが、フィギュアスケート選手としての引退を本日決断しました。」

「今大会をはじめ、いつもわたくしのことを応援してくださり、ありがとうございます。」

「今回、世界選手権代表発表の場に立つことができたことを光栄に思うと同時に、感謝の気持ちでいっぱいです」

「晴れやかな気持ちで、けさ引退を決断した。21年間の競技人生には何も思い残すことなく、誇りをもって終止符を打つことができる。」

■世界選手権は出場せず辞退する意向

代表発表後に全日本選手権会場のリンクでのあいさつで、今回の全日本限りで引退し、世界選手権代表を辞退する意向を表明した

全日本選手権は4位に終わったが、世界選手権の代表に選ばれ、リンクに立ったところで、自ら発表した

日本スケート連盟は引退を表明した町田に代わって、世界選手権男子代表に無良崇人(HIROTA)を追加した

■以前より、ソチ五輪を目処に引退する意向を示していた町田選手

現在は関大文学部4年生で卒業見込みの15年春を区切りに世界選手権などの競技者としてはリンクを離れる

ソチには卒業論文の参考文献を持参。卒論テーマは「芸術とフィギュアスケートに関連したものですね」

理由としては「次の平昌五輪の頃はもう若手が伸びてきてるから」

■「リンク上の哲学者」の異名で注目を集めた町田選手

言葉を大事にするという町田選手は大の読書家である。『エデンの東』や『白夜行』など、愛読書からインスパイアされたプログラムを披露してきた

ドイツの哲学者ヘーゲルの『美学講義』が愛読書という異端のスケーター

リンク上での感情あふれる表現力に加え、独特のコメントや世界観から「氷上の哲学者」とも称される

■その独特な言葉は「町田語録」としてネットでも人気を博した

「僕にとっては(五輪は)未知なるフロンティア。一世一代の夢舞台だし、身体表現を通して語ってきたい」

「徐々に五輪を僕のコントロール下に置けるようになってきた」

「ファンにクリスマスプレゼントができた暁には、自分にもすてきなプレゼントが舞い込んでくる」

「映画化、ドラマ化されている中で、じゃあ僕がフィギュア化しようと」

 

 

exs004

 

 

 

 - フィギュア