フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

「それはねえだろ…」邪魔されても勝ちに行く羽生君の姿勢



   

 

 

事件は試合前の練習で・・・

羽生が練習でSP使用曲をかけて滑走していたが、デニス・テンが羽生の滑りを妨げる場所でスピン

通常5~6人で行われる公式練習では、曲をかけて滑っている選手が優先されるという暗黙のルールがある

直後のトリプルアクセルで転倒し、壁にぶつかると、羽生はそのまま右拳で壁を強くたたきつけた

日本連盟も「対処する」としたデニス・テン

前日に行われた公式練習でも、羽生は曲がかかっている練習の最中にテンと接触しそうになり、演技を中断せざるを得なかった

この事態に、羽生くんのメンタルはグチャグチャ

昨季は中国杯の6分間練習中に中国人選手と衝突し、頭部を強打

世界選手権に万全な状態で臨めず2位に終わった

「試合前の心の状態はグチャグチャだった」

試合後に語った羽生くんの感想より

前戦の全日本選手権からの3カ月間で完成度をさらに高めてきただけに、再び直面した恐怖にリズムを崩しかねなかった

しかし、そこは絶対王者

2度の4回転を含むジャンプをすべて成功させ、気迫みなぎるステップで会場を魅了。演技を終えると「おっしゃー。みたか」と叫んだ

自身が2015年12月のグランプリファイナルで出した110.95点の世界歴代最高得点に迫り首位発進

演技前の6分間練習も納得いくものではなかった。
「それを踏まえて大きな舞台で演技をまとめられたことがうれしい」

「精神状態がぐちゃぐちゃな中で、ショートプログラムの曲の背景やファンの気持ちを大事にしながら滑ることができた」

 

 

exs004

 

 

 

 - フィギュア