フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

羽生結弦を超えた!宇野昌磨の可愛さにやられる人が続出している…



   

<緊急告知>

真央ちゃんおススメの天然水サーバーが凄すぎると話題に。

なんと〇〇〇が気軽に飲めちゃうって!!

bana

 

 

羽生結弦が全日本フィギュア3連覇

▼「フィギュアスケート全日本選手権」(27日、長野市ビッグハット)

男子フリーで、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=がフリーでも1位となり、合計286・86点で3連覇を達成。

演技前の6分間練習から、羽生は異変を感じていた。「疲れがきていた。きつかった」。連戦の蓄積疲労がプリンスを襲っていた。

冒頭の4回転サルコーは転倒。不安は的中したが、SPで失敗した3回転ルッツを2度ともしっかり決めた。

トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も2つ鮮やかに跳んで高得点につなげた

SP1位からのフリー、最初の4回転サルコーで転倒したものの、残りのジャンプをほぼ完璧に決め192・50点。合計286・86点で優勝した

ゆづおめでとう\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/

ゆづおめでとう(#•v•#)
いつか生で演技を観るぞ〜(*∩ω∩)

まさに激動の1年だった

▼ソチ五輪での金メダルに始まり、けがや体調不良にも苦しんだ2014年


SHANGHAI, CHINA - NOVEMBER 08: Yuzuru Hanyu of Japan feels in Men Free Skating during the Lexus Cup of China 2014 on November 8, 2014 in Shanghai, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)

「普通のスケーターが経験できないことを経験し、いろいろ学んだ」。激突事故。傷が癒えずにボロボロの演技だったNHK杯。

リンクに立ったのは「(王者の)プライドを守るためにスケートをするのではなく、スケートが、ジャンプが好きだから」だった。

「サルコーをミスしてしまったのと、かなり抑え気味でフリーを通していたので、悔しいというか、不完全燃焼という気持ちです」

今大会前には「頭になかった」世界選手権の代表入りが濃厚になった。「次の試合で練習してきたことを出し切りたい」と誓った。

上海に再び乗り込み、世界選手権連覇を狙う。五輪金、衝突事故、奇跡の復活-。激動の1年を鮮やかな勝利で締めくくった。

宇野昌磨が17歳時の羽生越え!

SP3位の17歳・宇野昌磨は、参考記録ながら自己ベストを更新する演技でフリー3位、全体でも2位に入った。

冒頭の4回転トーループを決めると波に乗った。続くトリプルアクセルも着氷でこらえてみせた。

後半の連続3回転で手をつく場面があったが、全体的に演技をまとめられたのは自信のたまものだった。

客席の大歓声には幼さの残る笑みで応えた。逆転での銀メダルは、17歳の時の“羽生超え”を果たす好演技だった。

17歳での表彰台は羽生以来3年ぶり。2位という順位も、合計251・28点も、ソチ五輪金メダリストの当時を上回った。

「足がきつい」。30秒長いシニアの演技に苦笑い

フィニッシュを取り終えると、膝に両手をついた。17歳の宇野が苦もんの表情を浮かべる。キスアンドクライでも肩で息をする。

<夏目前特集>

今こそ本気のシミ対策!

雑誌で話題沸騰中のオールインワンジェル登場

simiusubana

 

 

<期間限定お得情報♪>

4大特典付き!

バッグに美肌入浴剤もプレゼント!!

先着700名、5月31日まで。急いで!!!

coyori

 

 

 

 - フィギュア