フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

【羽生結弦選手】やっぱり最強!!!!!また世界最高得点を更新。



   

 

 

男子ショートプログラム(SP)で今季初戦の羽生結弦(ANA)がミスなしの演技を披露し112・72点で首位発進

自身が2015年のグランプリ(GP)ファイナルでマークした世界歴代最高得点を1・77点更新

演技後は、「ほらみて、ここまでできたよ」と、ブライアン・オーサーコーチに向けて、両手を広げてみせた

▽本人のコメント▽

「ミスなく、いい演技ができ、質としても非常に納得できる内容だった。構成を落としているから当然と言われるかもしれないが本番ですべてを出し切るというのは非常に難しいことなので、そういう意味で成長できたのかなと思う」

▽今シーズンのプログラム▽

ショートプログラム

今までの「バラード第一番」

15年のグランプリ(GP)ファイナルで世界歴代最高(当時)の110・95点をマークした縁起がいいプログラム

フリープログラム

15年のGPファイナルで219・48点をマークし、当時の世界歴代最高得点を出した相性のいいナンバー

▽スケート連盟の会長の言葉▽

 

 

exs004

 

 

 

 - フィギュア