フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

村上佳菜子引退からセーラームーンまで!エキシビジョンがお祭り状態



   

 

 

▼元ソチ五輪代表の村上佳菜子が引退を発表した

フィギュアスケートのソチ五輪代表で、四大陸選手権優勝、全日本選手権2位などの実績を持つ村上佳菜子(22)が23日、世界国別対抗戦のエキシビションにゲストスケーターとして参加し、現役引退を表明した。

公式サイトでも「本日をもちまして、私、村上佳菜子は19年間続けてきた現役を引退することを決意いたしました」と直筆メッセージで現役引退を発表した。

「昨年の12月末に開催された全日本選手権の前から、最後になってもいい、自分の納得できる演技をしたいと心に決め、自分が納得できる演技とは何かを日々考えました」と振り返った。

「思い返せば私のスケート人生は浮き沈みが激しく、今まで応援してきてくださった皆さまにもたくさんご迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ皆さまの応援は私の支えであり、原動力でした」とファンへの謝辞をつづった。

・国別対抗戦のエキシビジョンでラストスケートを見せた

2010年世界ジュニアで金メダルを獲得。2010―2011シーズンにシニアに転向。GPシリーズ参戦2戦目のスケートアメリカで優勝し、GPファイナルは日本人最上位の3位に入った。年末の全日本選手権では安藤美姫、浅田真央に次ぐ3位。14年の四大陸選手権優勝。

昨年末の全日本選手権は8位に終わり、進退について「シーズンが終わってから決めたい」と話していた。中京大の先輩の浅田真央さん(26)が10日に引退を表明。鈴木明子さん(32)さんを含めたソチ五輪女子代表の3選手が競技生活を終えた。

これでソチ五輪代表男女シングル6人(羽生結弦、高橋大輔、町田樹、浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子)は5人が引退。現役選手は男子のエース、羽生結弦だけとなった。

「ホントに幸せものだなと思う。現役はこれで終わりだけど、ここからがスタート。今までと違った努力をしていけたらいいな」と話した。

今月10日には浅田真央さん(26)が現役引退を表明。浅田さんとは「お互い頑張ったよね」という話をしたそうで、「真央ちゃんがそう言ってくれて、頑張ったんだなって思った」と笑った。

▼織田信成が村上佳菜子をねぎらった

佳菜子本当にお疲れ様!そしてありがとう!これからも信ちゃん佳菜ちゃんコンビよろしくやで! pic.twitter.com/SqTHhNllk7

▼ベテランとなった村上佳菜子の引退に時代の流れを感じるツイートがあふれた

村上佳菜子ちゃんまで引退しちゃったの?
寂しいなぁ...(;_;)

村上佳菜子の引退挨拶、中継でちょっとしか映らなかったけど見れてよかった。個人的にはあの世代のスケーターで一番好きだった。

村上佳菜子引退で声出た。まだ若いのに

鈴木明子、浅田真央、村上佳菜子が本当に好きだった。村上佳菜子は何より笑顔だ。滑り終わった後、どんなときも満面の笑顔で山田コーチに抱きつく彼女が好きだった。
五輪代表の引退劇 真央は笑顔で「全部出し切った」村上の表明で現役は羽生だけに headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-…

▼世界女王のメドベージェワはセーラームーンのコスプレを披露

世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がセーラームーンの“コスプレ”で登場し、会場を沸かせた。

ヒロインの月野うさぎになりきり、セーラー服姿で登場すると、会場が大歓声に包まれた。アニメのシーンを演じながら、早着替えでセーラームーンの衣装に変身。

主題歌『ムーンライト伝説』の歌詞を口ずさみながら3回転ジャンプを次々と成功させた。最後は「月に代わっておしおきよ」の決めぜりふで締め、とびきりの笑顔を見せた。

メドベージェワは世界トップ選手が集まる世界選手権とGPファイナルを2年続けて2冠。ショートプログラム(80・85点)、フリー(160・46点)、合計(241・31点)全ての世界最高得点を今大会で更新している、17歳の“美少女戦士”だ。

▼メドベージェワのセーラームーンにTwitterが興奮!

 

 

exs004

 

 

 

 - フィギュア