フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

フィギュア世界選手権で女子SP最高9位… 五輪3枠獲得に黄信号。



   

 

 

・フィギュアスケート世界選手権の女子SPが行われました。

来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権は29日、ヘルシンキで開幕。

来年のピョンチャンオリンピックの各国の出場選手の枠が決まる、フィギュアスケートの世界選手権が開幕

来年の平昌五輪の出場枠が決まる、フィギュアスケート世界選手権が開幕し、女子ショートプログラムが行われました。

・女子日本代表の最高位は9位…

初出場の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)がSPで65・87点をマークした。

日本勢は初出場の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が65.87点で9位となったのが最高だった。

女子ショートプログラム(SP)で初出場の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)はノーミスの演技だったが、65・87点で9位だった。

フィギュアスケート世界選手権のSPの結果は、日本女子代表の最高位は初出場の樋口新葉選手の9位でした。

本郷理華は62・55点で12位。2月の四大陸選手権女王で初出場の17歳、三原舞依は59・59点で15位と出遅れた。

けがで欠場した全日本選手権3連覇の宮原知子(関大)に代わって出場した本郷理華(邦和スポーツランド)は62.55点で12位。

その他、出場していた本郷理華選手は12位、四大陸選手権で200点越えを果たした三原舞依選手は15位でした。

・五輪出場枠”3”の獲得が厳しい状況に。

オリンピック出場3枠の条件13位以内は、厳しい状況。

五輪で最大3枠を獲得するには上位2選手の順位合計が「13」以内になる必要があり、日本勢は厳しいスタートとなった。

今回のショートプログラムの結果から、来年の平昌五輪の出場枠”3”の獲得が難しい状況になっています。

世界選手権に出場する3選手のうち、上位2人の順位の合計が13以内なら、最大枠3を確保することができる。

五輪出場枠は各国・地域で最大3人。今大会で上位2選手の順位の合計が13位以内なら、3枠を確保できる。

最大の「3枠」を獲得するためには上位2人の順位合計が「13以下」となる必要があり、「2枠」獲得には順位合計が「28以下」となる必要がある。

世界選手権に置いて上位2人の順位の合計が”13”以内ならば、その国に五輪出場枠が3枠与えられる仕組みになっています。

・日本女子のエース・宮原知子選手が欠場しました。

 

 

exs004

 

 

 

 - フィギュア