フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

全日本フィギュア初参戦で大注目! 本田真凜(ほんだまりん)とは!?



   

<緊急告知>

真央ちゃんおススメの天然水サーバーが凄すぎると話題に。

なんと〇〇〇が気軽に飲めちゃうって!!

bana

 

 

■全日本フィギュア選手権が2015年12月25日開幕!

2015年12月25日(金)〜2015年12月27日(日)

フィギュアスケートの全日本選手権は25日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕

日程は、25日が男子SP、26日が男子フリーと女子SP、27日に女子フリーを行う。

■女子は大混戦!

出典ameblo.jp

昨年の全日本フィギュア上位3名。(左から)本郷理華(昨年2位)、宮原知子(昨年1位)、樋口新葉(昨年3位)。

復帰した浅田真央と昨年の優勝者の宮原知子との「新旧女王対決」に加えて、実力は折り紙付きの本郷理華、14歳の樋口新葉、同じく14歳でシニア初出場の本田真凛らが、あらたなヒロインの誕生を予感させる。

2連覇が懸かる17歳の宮原知子(大阪・関大高)はジャンプの難度、精度ともに増し、隙がない。昨年2位の本郷理華(邦和スポーツランド)がどこまで迫れるか。ジュニアGPファイナルで3位に食い込んだ14歳の本田真凜(大阪・関大中)は初出場で上位進出を目指す。

若い選手のなかで注目しているのは、本田真凛選手(2001年8月生まれの14歳)と青木祐奈選手(2002年1月生まれの13歳)。ふたりとも同じ学年で、ほかにもいい選手がこの世代に固まっています。彼女たちは、ジャンプの難度が高く、表現力も兼ね備えています。ふたりはタイプが違うので、切磋琢磨していってほしいと思います。

鈴木明子さんのコメント。

■注目選手として名前が挙がる「本田真凜」とは?

2001年8月21日生まれ。
京都府出身。
関西大学中・高スケート部所属。
今季(2015年)のジュニアシリーズクロアチア大会で優勝。ジュニアGPファイナルにも初出場し、3位につけた。

スケートを始めたのは2才のときで、憧れの選手は荒川静香。

2013-14シーズンより日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に初めて選ばれる。

「氷の上にいるときがほんとうの自分だと思います。毎日滑っていたいです」

スケートが大好きなんですね。

■2015年のジュニアシリーズクロアチア大会では優勝!

女子フリーで本田真凜(14=大阪・関大中)が123・30点をマークし合計181・22点でショートプログラム(SP)の3位から逆転優勝した。フリー、合計とも自己最高得点。

2015年10月10日、クロアチアのザグレブで行われた。

「一番好きなのはジャンプ。見てほしいのは”表現力”」

■2015年のジュニアGPファイナルでも3位!!

ジュニアGPファイナルで3位!

2015年12月12日にスペイン・バルセロナで行なわれたジュニアGPファイナルで、14歳の本田真凜が初出場ながら銅メダルに輝いた。

女子ショートプログラム(SP)で3位につけた本田真凜(14=大阪・関大中)はフリーで114・95点をマーク、合計178・64点で3位に入った。

■人気子役・本田望結の姉

(左から)本田紗来、本田望結、本田真凜、本田太一

本田家は5人きょうだいのうち、真凜や望結を含む4人がフィギュアスケートをしている。

「お姉ちゃんはジャンプが上手くて、スケーティングもすごく綺麗です。いつまでも憧れのお姉ちゃんでいてほしいので、勝ってくれると自分のことのように嬉しいです」

<夏目前特集>

今こそ本気のシミ対策!

雑誌で話題沸騰中のオールインワンジェル登場

simiusubana

 

 

<期間限定お得情報♪>

4大特典付き!

バッグに美肌入浴剤もプレゼント!!

先着700名、5月31日まで。急いで!!!

coyori

 

 

 

 - フィギュア