フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

本田真凜(まりん)生年月日・実家などプロフィール~ 4回転を成功できるか?



   

 

 

↓ 本田真凜さんのプロフィール

名前  本田真凜(ほんだまりん)
生年月日 2001年08月21日
出身地 京都府
身長 158cm
血液型 A型
所属 関西大学中・高スケート部
趣味 おかし作り

本田まりん選手 4回転ループ 4回転サルコウも練習をはじめました

12日放送の報道番組「NEWS23」(TBS系)のスポーツコーナーにインタビューを受ける形でビデオ出演した。
2018年に平昌五輪を控え「すごくワクワクしている」と語る真凜。今、一番のライバルと語る兄の太一に勝つためとして、サルコーとループという2つの4回転ジャンプに練習で取り組んでいると口にした。
「本気になって練習すれば、できるんじゃないかなっていう手応えは自分の中である」と相応の自信がある様子。「浅田真央選手とかを見ていて、ずっと挑戦しつづける姿はすごく格好いいなと思いますし、そういうジャンプが欲しいなとずっと思っているので」と、自身が挑みつづけるものとして、4回転ジャンプを位置づけた。

本田まりん選手の新たな衝撃的な嬉しい決意が報道されたのです。

それはフィギュアスケートで、女子では安藤美姫さんが一度だけ成功させた4回転サルコウと、いまだかつて女子では誰も成功していない4回転ループの練習をはじめたという報道。

3回転ジャンプと4回転ジャンプの得点は?

3回転アクセル 8.5(浅田真央のトリプルアクセル)
3回転ルッツ 6
3回転フリップ 5.3
3回転ループ 5.1
3回転サルコウ 4.2
3回転トウループ 4.1

4回転になるとグーンと得点がアップします。

4回転アクセル 15(男子でも誰も跳んでいない)
4回転ルッツ 13.6(金博洋 ネイサン・チェン リッポン)
4回転フリップ 12.3(宇野昌磨 ネイサン・チェン)
4回転ループ 12(羽生結弦)
4回転サルコウ 10.5(安藤美姫成功)
4回転トウループ 10.3

今から、女子フィギュアスケートの世界で誰も無い遂げていない4回転ループを練習しているというのは、とても意義のあることですね。

本田まりん選手には華があります。
それに加えて4回転ジャンプが成功したら鬼に金棒じゃないですか。

めちゃ期待します。

成功率は「まだ全然」だというが、「試合がない今の時期を大切にして、毎日練習すればできるんじゃないかと思う」と目を輝かせた。

「まだ成功していないけど、やっていてすごく楽しい。毎日練習すればできるかな」と前向きだ。

サルコーは安藤美姫が試合で成功しているが、ループは女子で例がない。男子でも羽生結弦(22)=ANA=が、昨年10月に世界で初めて成功。挑戦の理由は「兄(太一、18)がトリプルアクセルを5回くらいで成功して悔しかった」からだという。真凜は「今年一番の勝負は(18年)平昌五輪の代表になること」と気を引き締めた。

↓ 本田真凛はトリプルアクセルを跳べる?

実家は京都府京都市にあるようです。

兄弟揃ってフィギュアを頑張っていますが、なんせスケートはお金がかかります。

下世話な話題で申し訳ないですが・・笑笑

かつてオリンピックで見事なイナバウアーを見せてくれた荒川静香さんは、インタビューで
「5歳でスケートを始めてからトリノで金メダルを取るまでの20年の間に、2億円以上は使いました」
と語っています。

ちょっと待って・・

本田家には4人の選手がいますが!??
お父上はどれだけ収入があるんだ~!?
職業は何なの?と誰しも気になるところですよね。

お父さんは本田竜一(ほんだりょういち)さんで
医者か弁護士では?と言われていました。
しかし、実はサラリーマンでした。
でもそこらのサラリーマンではなく、役員クラスだということです。

そりゃそうですよね~
フィギュアほどお金のかかるスポーツはない!

とも言われるほどですからね。

ちなみに母は真紀さん。
フィギュアのサポートをするために専業主婦なんだそうです。
『子供達がやりたいと言ったことは全部やらせてあげる』
という教育方針だそうですよ。

やっぱり財力があると、寛大な心で応援できちゃうんですね!

↓ 本田真凜さんの画像

 

 

exs004

 

 

 

 - フィギュア