フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

【燃え尽きた?】フィギュア浅田真央ちゃんが世界選手権後に引退か!悲壮な決意を固めた模様・・



   

<緊急告知>

真央ちゃんおススメの天然水サーバーが凄すぎると話題に。

なんと〇〇〇が気軽に飲めちゃうって!!

bana

 

 

浅田真央選手が現役引退の意向を固めた

2月に台北で開催される四大陸選手権の欠場を決めた浅田真央選手(25)。男子では、世界選手権に的を絞り、その前哨戦である四大陸はパスする選手もいる。だが彼女は当初「試合感覚をもう少し味わいたい」と、あえて四大陸にも出場する意欲を見せていたのだ。果たして彼女に何が起こったのか。あるフィギュア関係者は次のように語る。

「昨年末の全日本選手権で、満足には程遠い演技しかできなかったことが、かなり尾を引いているようです。結果的に3位になり、ギリギリで世界選手権への切符は手にしたわけですが、『このままでは、とても世界選手権では戦えない』と危機感を募らせています」

「世界選手権には4大陸選手権に不参加だった男子の“絶対王者”羽生結弦選手とともに、浅田選手も出場します。世界選手権はフィギュア最高峰の大会。浅田選手にとって、これが最後の国際大会になるかもしれません」

 そう語るのはフィギュア担当記者だ。彼女は、それほど悲壮な決意を固めている

フィギュア担当記者は、「肉体的な部分よりもメンタル面が問題」と断言。続けて「昨年12月に開かれたグランプリファイナルで、浅田選手は最下位に沈みました。自分のジャンプが飛べず、彼女は宿舎に戻り大泣きしたそうです。一方で後輩の宮原知子が日本の新エースに成長。どの世界にも世代交代はありますが、それを最も感じているには彼女でしょう。潔い性格でもありますし、世界選手権が不本意な結果に終われば現役引退を表明すると囁かれています」と明かす。

約1年間の休養を経て臨んだ昨年5月の復帰会見では、「優勝した昨年の世界選手権のレベルまでもっていかなければ、試合には復帰できない」と語っていた浅田。これまで幾度となくドン底から這い上がってきただけに、もう1度奇跡を期待したい

@hayate2202 @Melialapaki 真央ちゃんが引退した後で良いので、色々なお話を聞きたいです("▽"*)

@uxgSGDgmbn4iL2v
ですね
そういえば、真央ちゃん、もし世界でうまくいかなかった…引退しちゃうのでしょうか…
はじめのころの、ピンクの衣装着てた、純粋にスケート好きっていう笑顔が、また見たい

また真央ちゃんの引退するかも騒動やってる・・・
引退しないに100メセタかけてもいい(`・ω・´)

@jungkook0618 世代交代ね…………それでも引退するまでは真央ちゃん応援し続ける( ; ; )( ; ; )

@uxgSGDgmbn4iL2v 基本的に全選手応援派ですが、もちろん羽生さんの演技も好きです現役では真央ちゃんしょーまさんが特にお気に入りです
引退した方では髙橋大輔さんが別格
かわいいジュニアっ子達の試合には親の様な気分で見守ってます
海外選手も好きな選手多くて挙げきれません

@demohayakunai そして日本でのフィギュアブームも真央ちゃんの引退とともに終わるのはほぼ間違いないことで、フィギュアの1つの大きな時代が終わってしまうんでしょう。その前に判定が治ればファンも増えるというのに…

@Mao_Asada24
若い選手の 目覚ましい活躍
真央ちゃんも そのころ、そうだったのですが
今一度、、一花を飾って、引退と、、
きっとできる、、そう信じて 世界選手権まで
練習に励んでください

@yuyuka2015 @daidaiyuzuyuzu 真央ちゃん引退したら、誰をごり押ししようとも、大ちゃんもダンスに力を入れているようですので、フィギュアファンのほとんどを失う事に気付いていないですね。勝手に出来るが、観る人も無し。

16年世界選手権で日本女子3名の中で一番成績が優れず入賞やっとレベルなら、浅田さんは引退を選ぶでしょう。ハーフハーフの休養はもう無理だし、世界選手権はトゥクタミシェワやアメリカからもう1名出れるだろうから、厳しい戦いになるのでは?

実は全日本で負けると引退すると考えていた浅田真央・・しかし姉浅田舞の助言で一旦は撤回

12月27日、女子フリーの当日。トリプルアクセルなどのミスが続いた浅田は蒼ざめた表情でリンクを後にしたという。当初は’18年の平昌五輪も視野に入れていたという彼女だが、いまは一戦一戦に必死に挑んでおり、実は全日本にも「負けたら引退する!」と覚悟して臨んでいたのだ。

あまりのショックに沈む浅田を救ったのは、姉の舞だった。フリーが終わった後、浅田が目に涙を貯めながら久しぶりに会った姉・舞に駆け寄る姿が目撃されている。

「女性マネージャーと姉妹の3人で、ジンギスカン・レストランへ行ったそうです。自分がイメージしたように跳べない悩みを打ち明ける真央ちゃんに、舞さんは『真央、世界選手権がまだ残っているじゃない』と力強く励ましたといいます。そのお蔭で、落ち込んでいた真央ちゃんも徐々に笑顔を取戻し、前向きになれたようです」

浅田真央 これまでの感動の記録

フィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。ソチオリンピック6位。2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。四大陸選手権優勝3回、GPファイナル優勝4回。全日本選手権優勝6回。姉は同じくフィギュアスケート選手の浅田舞。2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功させ、ギネスに認定。2014年世界選手権では、ショートプログラム世界最高点で、ギネスに認定される。

バンクーバーオリンピックでは、SP、FS合わせて3回のトリプルアクセルを成功させた。これはフィギュアスケートの歴史上初であり、ギネス登録されている。
当時のメディアから過剰に金メダルを期待されたが、一歩及ばず銀メダルとなり、競技後に悔し涙にくれる姿が話題となった。
後日「フリーのミスが悔しかった、この悔しさを忘れないために銀メダルをいつも見えるところにおいてある」と語った。

彼女のプログラムはその難易度の高さから「鬼プロ」と呼ばれた。

世界では数少ないトリプルアクセルを飛ぶことができる女子選手として特に有名。
オリンピックの女子シングル競技でトリプルアクセルを成功させたのは、伊藤みどりと浅田の2人だけである。

ソチオリンピックではSPで16位と大きく出遅れたが、FSで巻き返し自己ベストを更新するなど会心の演技を披露。FS3位と逆転、総合6位につけた。最後まで諦めず高難度構成に挑む姿勢を貫き続け、ソチオリンピックを涙と笑顔で終えた。

<夏目前特集>

今こそ本気のシミ対策!

雑誌で話題沸騰中のオールインワンジェル登場

simiusubana

 

 

<期間限定お得情報♪>

4大特典付き!

バッグに美肌入浴剤もプレゼント!!

先着700名、5月31日まで。急いで!!!

coyori

 

 

 

 - フィギュア