フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

浅田真央選手のフリーの演技はなぜNO.1の得点じゃないの?



   

 

 

ソチ五輪女子フィギュアのフリーの得点

①技術点73.03
「基礎点66.34←1位 GOE(出来栄え点)6.69」
②演技構成点69.68←5位
FS(フリースケーティング合計)142.71(3位)

アンダーローテーション 2つ 
*基礎点の70%に減点される
減点なし

(クリックで拡大されます)

①技術点69.69
「基礎点57.49←5位 GOE(出来栄え点)12.2」
②演技構成点74.50←1位
FS(フリースケーティング合計)144.19(2位)

アンダーローテーション ナシ
*基礎点の70%に減点される
減点なし

(クリックで拡大されます)

①技術点75.54
「基礎点61.43←2位 GOE(出来栄え点)14.11」
②演技構成点74.41←2位
FS(フリースケーティング合計)149.95(1位)

アンダーローテーション ナシ
*基礎点の70%に減点される
減点なし
GOE(出来栄え点)も1位

(クリックで拡大されます)

・<注目点>浅田真央選手は技術点の中の「基礎点」は高い(1位)

浅田真央のソチでのフリープログラムの基礎点の結果は66.34。金メダルのソトニコワ(61.43)、銀メダルのキム・ヨナ(57.49)、銅メダルのコストナー(58.45)を大きく上回った。

実際に採点方法はどうなってるの?

採点方法を簡潔に述べると、大きく3つの種類の点数の足し引きになります。最終的には、下記のような形になります。

出典採点方法の概要|採点方法|ルール解説|フィギュアスケート研究所

・SP・FS共に、【①技術点】+【②演技構成点】-【③減点】で採点される

総合得点=(SPの技術点+演技構成点-減点)+(FSの技術点+演技構成点-減点)
(注)演技構成点はただ”構成点”と呼ぶこともある
*クリックで拡大してごらんになって下さい

なお総合得点が同点だった場合は、フリースケーティングまたはフリーダンスの得点が高い選手が上位に、それぞれの種目においては同点だった場合は構成点の高いほうが上位となり、構成点も同点の場合には同一順位とされます。

出典採点方法の概要|採点方法|ルール解説|フィギュアスケート研究所

①技術点(TES)について

(技ごとの)基礎点+GOE(加点・減点)=技術点となる

新採点システムでは、まずジャンプ、スピン、ステップシークエンス、スパイラルシークエンスといった演技要素(エレメンツ)を細分化して採点。それぞれのエレメンツに基礎点が設定されており、出来具合により審判が-3~+3までの7段階の加点・減点(GOE)をする。

出典フィギュアスケートの採点法 とは - コトバンク

たとえばジャンプならば「トリプルアクセル」の基礎点は8.5点。成功し、なおかつ高さがある、飛距離がある、など良質なジャンプと認められれば+1、+2、+3などの加点が得られる。逆に転倒やお手付きなどの失敗あった場合は基礎点から-1、-2、-3といった減点がされる。またステップやスピンはそれぞれに1~4段階のレベル設定があり、「ストレートラインステップレベル3」ならば基礎点は3.3点。

ジャンプ以外にもスピン、ステップ・スパイラルにも基礎点が定められています

要素(エレメンツ)の数は女子フリープログラムの場合、ジャンプ7、スピン3、ステップ1、スパイラル1の計12。こうしたエレメンツ採点の合計点が「テクニカルスコア(総要素点)」である。選手の行ったエレメンツ一つひとつを細密に採点することで不正が行われにくなる。

出典フィギュアスケートの採点法 とは - コトバンク

②演技構成点(PCS)について

演技構成点とは、フィギュアスケートのプログラム全体を通して判断される5つの項目による合計点になります。5つの項目からなるので、ファイブコンポーネンツとも呼ばれます。

出典構成点(PCS:プログラム コンポーネンツ スコア―)|採点方法|ルール解説|フィギュアスケート研究所

「スケート技術」「技と技のつなぎ」「演技力」「振付け・構成」「音楽との調和」の5項目を10点満点で採点。

出典フィギュアスケートの採点法 とは - コトバンク

各項目が10点満点を0.25点刻みで評価します。技術点との大きな違いは、満点が存在するということです。完璧、最高の出来ならば5つの項目全て10点になるわけです。

出典構成点(PCS:プログラム コンポーネンツ スコア―)|採点方法|ルール解説|フィギュアスケート研究所

構成点を計算する際には、その評価数値に4つの種目とそのプログラムごとに決まられた係数を掛け合計します。係数を下記にまとめました。

出典構成点(PCS:プログラム コンポーネンツ スコア―)|採点方法|ルール解説|フィギュアスケート研究所

【演技構成点の係数】
*クリックしてご覧下さい

③減点(ディダクション)・・・転倒は-1.0点 回転不足・ダウングレ-ド判定より転倒のほうがまし

転倒: 1回につき -1.0点
時間超過または不足: 5秒につき -1.0点
ボーカル入り音楽の使用または音楽の不使用: -1.0点
バックフリップなどの禁止されている要素: 1つにつき -2.0点
小道具使用などの衣装の違反: -1.0点
ペア要素での落下: 1回につき -1.0点
10秒以上の中断: 10秒につき -1.0点(やむをえない場合は除く)

ソチ五輪の採点・判定について解説・・・なぜ浅田真央選手の点が低いか

それでも「基礎点」66.34と1位
・・・しかし、GOE(出来栄え点)6.69が厳しい!
キムヨナのGOE12.2 ソトニコワのGOE14.11
とここで大きな差!

*やはりジャッジに回転不足が多い選手という印象が強いのだと思います(実際に多いですし)
*ジャンプとスピンで高GOEをとれないのが痛い。
*GOE(出来栄え点)でのキムヨナとの差5.51
           ソトニコアとの差7.42

 

 

exs004

 

 

 

 - フィギュア