フィギュアの神様

日本フィギュアスケート選手を応援するサイトです。羽生結弦選手、宇野昌磨選手、浅田真央選手、宮原知子選手など情報満載。

羽生結弦の今季初戦優勝の陰でフィギュアスケート界に異変が起きてた



   

 

 

▼オータム・クラシックで今季初優勝を飾った羽生結弦

フィギュアスケートのオータム・クラシックは1日、カナダのモントリオールで男女のフリーが行われ、男子はショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が、フリーでも4回転ループを成功させるなど172・27点で1位となり、合計260・57点で優勝した。

久石譲氏作曲の「ビュー・オブ・サイレンス」と「アジアンドリームソング」を合わせ、「ホープ&レガシー」と名付けたプログラムを今季初披露。

前半は冒頭の4回転ループを成功させ、続く4回転サルコーも決める安定した滑りを見せたものの、後半に2度転倒。連続ジャンプが単発になるなど失敗が重なった

▼新しいチャレンジで羽生結弦語録がまた増えた

試合後は、しばらく息が整わず「やっぱり、しんどい」と漏らした。ただ、失敗した悔しさの分「楽しいし、燃えますね」と沸き立つものがあった。

「次の試合はノーミスします。早く練習がしたい。一皮と言わず、10でも20でも皮がむけるように。『こういう羽生結弦を待っていた』という演技をしたい」

演技後は納得がいかなかったのか、表情は晴れなかったが、2位のミーシャ・ジー(25=ウズベキスタン)に30点以上の差を付けて今季初優勝を飾った。

▼今季も羽生結弦の活躍に沸きそうです

羽生くん優勝したのね~おめでとう~

あっ!
羽生さん、初戦優勝おめでとう!

ほんまジャンプ漫画の主人公やな
羽生4回転ループまた成功も終盤ミス「燃えますね」 - フィギュア : 日刊スポーツ nikkansports.com/sports/news/17…

owo) そう。これ。こういうコメントこそ羽生氏。がんばれ!

羽生4回転ループまた成功も終盤ミス「燃えますね」 - フィギュア : 日刊スポーツ nikkansports.com/sports/news/17…

本人の認識は別として
怪我明けなのは事実
シーズン初戦で新しい構成
初めて試合で組み込んだ4回転ループ ショート、フリー共に成功
ジャンプに目がいきがちだけど他の要素もモリモリ
羽生くん 優勝 おめでとう~

▼羽生結弦が成功させた4回転ループとは

トーループ、サルコーに続く3種類目の4回転を手にしたことで、同一ジャンプの繰り返しに制限のあるルール上、フリーの構成に選択肢が広がった。

他のジャンプは踏み切り足と着氷の足が逆であったり、踏み切り足ではない足のトー(爪先)を突いたりする。

つまり両脚を使うため、高さや飛距離を稼ぎやすい。しかしループは、左回転の羽生のケースで言えば右足で踏み切り右足で着氷する。左足はほぼ使えないため独特の難しさがあり、得手不得手がはっきりする。

▼羽生結弦だけじゃなく、宇野昌磨も進化を遂げている

フィギュアスケート・ジャパンオープンで自己ベスト更新。

男子の宇野昌磨(18)=中京大=はフリーの演技冒頭の4回転フリップに成功する198・55点でトップに立ち、昨季のグランプリファイナルで記録したフリーの自己ベストを8・23点更新した。

今年4月に米国で行われたチームチャレンジカップで自身が世界で初めて成功し、ギネス世界記録に認定された唯一無二の武器を、今季初戦・国内の公式戦で初めて決めた。

羽生結弦が日本時間のこの日、世界で初めて成功した4回転ループよりも難易度の高いとされる大技を、見事自分のものにした。

・宇野昌磨の進化に陰に血の滲むような努力が

 

 

exs004

 

 

 

 - フィギュア